読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジブンライフ

「自分らしい人生」をテーマにライフハック、オピニオン、マネジメント、時事ネタなど自由に書いています。

500円で買える!無印の皮みたいなブックカバーがおすすめ

便利アイテム

f:id:t-tane:20160106024757j:plain

画像はhttp://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549337285170より

ぼくはよく外で本を読むのですが、周囲に読んでいる本のタイトルがわかってしまうのが気恥ずかしいんです。

書店でもらえる紙のブックカバーもいいのですが、チープな感じがありますし、しばらく使っているとボロボロになってしまいます。

そこで無印のブックカバーを使い始めたのですが、想像以上にいい感じなのでご紹介することにしました。

500円という安さに加えて、皮みたいな質感が非常に良い感じです。

無印のブックカバーの概要

f:id:t-tane:20160106025809j:plain

無印のオンラインストアには、本を入れて開いた写真がなかったので撮ってみました。他の写真に関しては以下のURLを参照してみるといいでしょう。

参照:ジーンズのラベル素材で作った 文庫本カバー 文庫本サイズ・ベージュ・全長約325mm | 無印良品ネットストア

ちなみに写真の本は山田ズーニーさんの『伝わる・揺さぶる! 文章を書く』。非常に評判のいい文章の本(新書サイズ)です。

皮みたいな素材はジーンズのラベル

商品ページに書いてある商品説明文は以下のとおり。ブックカバーの素材はジーンズのラベルのようですね。

ジーンズのウエストに縫い付けてあるラベル(紙パッチ)の素材で作りました。使うほどに味が出るので経年変化を楽しめます。

決して皮を使っているわけではなく、素材は紙だとか。しかし経年劣化が楽しめるというくらいですから強度はかなりのもの。

手で触ってみるとわかるのですが、紙という感じはまったくしません

新書サイズもある

f:id:t-tane:20160106025805j:plain

オンラインストアには文庫本サイズしかないようですが、店舗に行くと新書サイズも見つかりました。

ぼくはあまりに気に入ったので2つとも購入。合わせても1000円ですしね。

栞がついていない

f:id:t-tane:20160106024751j:plain

このブックカバーの欠点をあげるとすれば、栞になるヒモがないことでしょうか。

ぼくが以前使っていた布のブックカバーにはヒモがついていて、本にヒモがついていなくても栞を使うことができました(布のブックカバーは3,4年でボロボロになってしまいました)。

しかし、上記の写真のようにブックカバーの余った部分(?)を本に挟み込めば栞のように使うことができます

無印の皮っぽいブックカバーがおすすめポイント

おすすめポイントをまとめてみるとこんな感じでしょう。

  • 500円という安さ
  • 皮っぽい
  • 経年劣化が楽しめる
  • 文庫本と新書のサイズがある

以下の記事も無印のブックカバーを紹介しているものです。ブックカバーを栞にする案はこちらからいただいています。

なお、価格が315円になっているのですが、2012年の記事ですからおそらく値上げしたのでしょう(2016年1月1日時点では500円でした)。

参照:315円で買える無印良品のブックカバーがステキ。 | ぴらめこな生活

見つかりにくいけど探すべき!

無印のオンラインストアは一定額以上買わないと送料がかかってしまいます。もしブックカバーだけを買うなら、店舗へ行って購入するべきでしょう。

ただし無印のブックカバーは店舗でも見つけにくい場所にあるようです。ぼくはどこにあるかわからず店員さんに聞いたのですが、その店員さんも探すのにかなり時間がかかっていました。

もし見つからなかったら店員さんに訪ねましょう。

余談ですが、無印には「MUJIGRAM」という素晴らしいマニュアルがあって、店員さんの接客のクオリティが本当に高いです(マニュアル対応というわけではない)。

無印の皮みたいなブックカバーは、ちょっと買うのが大変かもしれませんが、間違いなく買う価値のあるブックカバーであると言えます。

© Copyright 2016 ジブンライフ. All rights reserved.